変態的な気持ちを少しくらいは持つもの

変態的な気持ちを少しくらいは持つもの

小学生の頃、そう言えばクラスの中の好きなおんなの子に、意地悪をなぜかしたくなったという経験を持ってる人は、SM的な要素のまちがいなく持ち主なのでしょう。興味が女性の体の一部分にしか持てない人、普通ではない興味を女性の下着に持ってしまう人など、SMというのはとりどりな変態的な要素がある中で比較的メジャーな存在なのではないでしょうか。

だれでも薄々くらいはわれわれ男性というのは、変態的な要素があるとおもいます。拘束を女の子を手錠やロープなどでして楽しむなどのSコースと、心身を女王さまと呼ばれるプレイヤーに苛められるというMコースが風俗店としてのSMクラブには、あるのが普通です。

だれでもSMプレイが楽しめる一般店と、限られたメンバーが集まる会員制のSMクラブが風俗店としてのSMクラブには、あります。知らず知らずいつものセックスの最中に、相手や自分の体をつねっていたり、無理な体位をあえて好んでしまう人もSM的要素の屈強傾向があるのだそうです。

セックスのエクスタシーの中には当然さまざまな刺激があります。そう言ったSM行為に自分の妻とか恋人が理解のある人ならともかく、自分のSM的要素はふつうの男性ならばアブノーマルなこととして、気をつけて周囲の人にバレないみたいに生活をしてるはずです。

プレイ料金の違いだけでなく、一般店と会員制のSMクラブの違いは、他の会員の推薦が無ければダメなところがあるなどの違いがありますから、会員制のSMクラブがよりコアな趣味を持つ人なら格好かも知れません。痛みに対する感覚がその一つに含まれていて、通常のsexではそのような快感になれてしまうと物足りないのだそうです。

では、如何にやって自分の持ってるSM的な願望を解消してるのかというと、それは風俗店のSMクラブなのデス。なぜか女の子が嫌がる様子や泣き出してしまった時の後悔をした気持ちが、甘味思い出として残ってませんか。